影を蹴飛ばす
コメント大歓迎。リンクフリー。
プロフィール

Michio

Author:Michio
長身面長眼鏡。
常に笑顔は忘れない。



検索フォーム



FC2カウンター



Twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


輪読本
ゼミの輪読で読んだ『ゼミナール経営学入門』の完成度は、吉原英樹によると、世界一らしい。洋の東西を見渡しても、この本以上の完成度の本はないとのこと。

ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ
(2003/02)
伊丹 敬之加護野 忠男

商品詳細を見る

洋書、特にアメリカの大学教授が書いた入門書っていうと、日本のものよりも完成度が高いイメージがあったので意外でした。たとえば、経済学のテキストは海外のほうがいいものが多いイメージがある。いわゆる経済学のテキストで定番と言われているものは、だいたいが洋物だし(マンキューなり、クルーグマンなりのもの)。マーケティングもコトラー本がメインらしいし。

でも、経営学となると、体系的にまとめた本でゼミナール以上の完成度のものはないらしい。組織文化論とか変革論とかの個別領域だと洋書の翻訳ものが幅を利かせているけど、経営学全般を体系的に解説した本といったら、確かに洋書ではあまり知らない。


そういう意味で、いい本を輪読しましたな。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。