影を蹴飛ばす
コメント大歓迎。リンクフリー。
プロフィール

Michio

Author:Michio
長身面長眼鏡。
常に笑顔は忘れない。



検索フォーム



FC2カウンター



Twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


報告下手につける薬
自分、口頭での報告下手なものでして。


P&G式伝える技術 徹底する力―コミュニケーションが170年の成長を支える (朝日新書)P&G式伝える技術 徹底する力―コミュニケーションが170年の成長を支える (朝日新書)
(2011/01)
高田 誠

商品詳細を見る


P&Gといえば世界最高の人材が育つ会社としてGEとともに有名な企業だ。そのP&Gでの(新入社員向けと思われる)トレーニングの内容を垣間見ることができる。

P&Gでは、新入社員は皆、報告は3つにわけるということを強制されているようだ。

結論→理由→今後の展望
背景→対策→そのメリット
・・・

など自分の伝えたい内容を3段階に分けて説明することを無意識にできるように入社後徹底してトレーニングされる。ようするに、ロジックを意識させるためのトレーニングなのだろう。やっていることはシンプルだし、ありきたりなことのように思えるが、実際にこうした3つに分けて説明するということができている人は少ない。特に新入社員ならまず出来ていない人がほとんどなのだそうだ。耳が痛い話だ。僕自身、こういうことは全くできていない。廊下でばったり課長に出くわしたときに、短く端的に説明できるだろうか。時間が無いときに複雑な内容を分かりやすく説明できるだろうか。今の僕にはできない。それでもそんなことはトレーニングでできるようになるんだと著者は言う。

ということでこれで少しトレーニングしてみます。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。