影を蹴飛ばす
コメント大歓迎。リンクフリー。
プロフィール

Michio

Author:Michio
長身面長眼鏡。
常に笑顔は忘れない。



検索フォーム



FC2カウンター



Twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


知の巨人、堕つ
『文明の生態史観』で有名な梅棹忠夫が逝ってしまった。

梅棹は、文明の西洋と東洋という二項対立による見方を否定した。特に日本を東洋という枠組みの中に入れることのおかしさを訴えたという。
そうではなくて、世界を第一地域(西ヨーロッパ諸国と日本)と第二地域(それ以外のユーラシア大陸の国)に分類して、第一地域がなぜ第二地域に先んじて資本主義社会へと移行したのかなどを明らかにした(らしい)。

第一地域の特徴は、かつて第二地域に存在した古代文明や帝国の辺境に属していた国であるそうだ。そう考えると、内田樹の『日本辺境論』とのつながりもありそうだ。というか、辺境論のほうにもそのことは触れていたっけ。。忘れた。まあ、いい。

そんなこんなで、加藤周一に続いて、また惜しい日本人を亡くしてしまった。
ご冥福を。

文明の生態史観 (中公文庫)文明の生態史観 (中公文庫)
(1998/01)
梅棹 忠夫

商品詳細を見る


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://myknee.blog97.fc2.com/tb.php/102-696ef6ce



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。