影を蹴飛ばす
コメント大歓迎。リンクフリー。
プロフィール

Michio

Author:Michio
長身面長眼鏡。
常に笑顔は忘れない。



検索フォーム



FC2カウンター



Twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リアクションの間

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 ! [DVD]ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 ! [DVD]
(2004/09/29)
ダウンタウン

商品詳細を見る


なぜ、松本人志(以下、被験者)のリアクションは、ベタであっても笑えるのか。

その根拠は、間(Ma)にあると考えられる。
例えば、次の会話。

「もうあかん。怖くてトイレ行けへん。ここでコップにするわ」
「・・・」
「・・・あかん!足りひん!」

コップに用を足している最中に来る間が見ている者の緊張感を高める。次は何を仕出かすのか、どんなことを言うのか、そうした次への期待が高まるのである。そうしてその期待に応える形で、「あかん!足りひん!」という次の言葉が生まれ、笑いが起きる。この「あかん!足りひん!」という言葉は、はっきり言えば、予想通りの反応とも言える。何せコップにしているのだから。しかし、それでも笑いが起きたのには、その直前まであった沈黙によるところが大きい。もしこれが「あかん。足りなくなりそう。あかん。あかん。あかん」であった場合、唐突性がなく、見ている側の笑いには繋がらない。間があるから、良いのである。

コメント
君にしてはなかなかするどい洞察だと褒めておこう。

「間」という表現にどれほどの意味が込められているのか
わからないけど、
僕が思う松ちゃんのすごさは「緩急」だと思う。

「もうあかん、コップにするわ」(直球)

「・・・(沈黙)」(チェンジアップ)

「あかん!足りひん!」(剛速球)

ダウンタウンの同期、トミーズ雅は松本人志を、
「160kmのストレートを持ってるのにわざと投げない芸風」
とたとえている。

トミーズ雅は嫌いだけど、この比喩は的を射ていると思う。
君のいう「間」がこの感覚に近いものなのだとしたら、
なかなかやりおるなお主wとでも言っておこうか。

ただ「廃旅館」一本見たぐらいで語れるほど甘くはないぞ!
[2010/08/08 06:25] URL | tree3 #- [ 編集 ]

このくらい、ちょろいぜ・・・。
( ´^ิー^ิ`)ニヤァリ
[2010/08/08 10:31] URL | Michio #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://myknee.blog97.fc2.com/tb.php/116-defc11fe



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。