影を蹴飛ばす
コメント大歓迎。リンクフリー。
プロフィール

Michio

Author:Michio
長身面長眼鏡。
常に笑顔は忘れない。



検索フォーム



FC2カウンター



Twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


島国を出よ
新入社員半数「海外で働きたくない」一方、積極派も増加

引用元:朝日新聞社asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0814/TKY201008140283.html?ref=rss

 今春の新入社員のおよそ2人に1人が「海外で働きたいとは思わない」と考えていることが、産業能率大の調査で分かった。過去の調査よりも大幅に増え、内向きな意識の高まりを示した。一方で「どんな国・地域でも働きたい」も27%と過去最高。海外勤務についての考え方の二極化が鮮明になった。
 調査は2001年度から3年ごとに実施している。今回はインターネット調査会社を通じ、今年4月に新卒で入社した18~26歳の400人に聞いた。
 「海外で働きたいと思うか」という質問に、49.0%が「働きたいとは思わない」と答えた。「国・地域によっては働きたい」は24.0%、「どんな国・地域でも働きたい」が27.0%だった。
 前回までと調査手法が異なるものの、同じ設問で「働きたいとは思わない」と答えたのは01年度が29.2%、04年度が28.7%、07年度が36.2%。「どんな国・地域でも働きたい」は01年度が17.3%、04年度が24.2%、07年度が18.0%。いずれも今回が最高だった。
 産能大の担当者は「もはやグローバル化が避けられないことは誰もが分かっている。それを不安に感じて国内にとどまろうとする層と、積極的に打って出て機会をつかもうとする層にはっきり分かれてきた」と分析する。
 「働きたいとは思わない」理由(複数回答)で最も多かったのは「海外勤務はリスクが高いから」の56.1%。「自分の能力に自信がないから」が54.6%で続いた。
 米国などの先進国では37.0%が「働きたいと思う」と答えたが、中国などの新興国では11.3%、東南アジア・アフリカなどの途上国では8.5%。適当だと思う勤務期間も、比較的短い「1年以上3年未満」が56.4%と、過半数を占めた。


思ったより、海外で働きたくない層が厚いな。

リスクが高いから行きたくないというのはわかるものの、自分の能力に自信が無いからいきたくないというのはよくわからない。ある意味、能力を高めるのも海外へ行く目的の一つなのだから、自信が無いというのは別に当たり前では?と思ふ。

まぁ、役割分担と考えれば良いのか。海を出る者と祖国を守る者。守るものは、地域を支え、祭りを盛り上げ、文化を興し、海へ出たものが外国人に伝えるべき日本を持続させていくということができるので。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://myknee.blog97.fc2.com/tb.php/119-cb41ddcd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。