影を蹴飛ばす
コメント大歓迎。リンクフリー。
プロフィール

Michio

Author:Michio
長身面長眼鏡。
常に笑顔は忘れない。



検索フォーム



FC2カウンター



Twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


正岡子規ぞな、もし。
昨年末、NHKドラマで『坂の上の雲』が放映されていましたね。

今日はその『坂の上の雲』について書きたいと思います。

『坂の上の雲』は、明治時代に諸外国に追いつき追い越そうと努力してきた日本人を描くことで、明治という時代がいかなる時代であったかを浮かび上がらせた群像小説です。
当時最強と言われたコサック騎兵団を破った秋山好古、世界最強のバルチック艦隊を破った秋山真之、病床につきながらも創作活動を続けた正岡子規、司馬遼太郎からボロクソに言われる乃木希典など、数多くの人物が描かれています。

その中で、僕が一番好きな人物が正岡子規です。
子規は、俳句に革新を起こし、日本の近代文学に大きく貢献した人物です。
ヨーロッパの自然主義に強く影響を受けた子規は、レトリックを強く多用する俳句を否定し、人物や風景をありのままに表現する写生主義を尊重することで、近代文学における新たな方向性を見出しました。
そんな子規ですが、彼は結核に感染してしまい、病の床に臥してしまいます。
そして、それ以降の子規の生き方こそ、僕が子規を好きになった所以です。

彼は血を吐きながらも創作し続けます。
病に臥せている以上、自由に動き回ることはできません。
すなわち、病の床から見える世界が子規にとっての全てなのです。
僕なら、絶望して何もする気にもなりません。
しかし、子規はそれでも創作活動を続け、やがて彼の生みだした作品の数々は近代文学に新たな方向性をもたらすことになりました。

子規をそこまで突き動かしたものとは一体何だったのか。
もちろん、「ただの趣味だったからじゃない?」という意見もあるでしょう。
しかし、僕はそれには賛成できないのです。
というのも、この時代、こういった異常さや狂気が当時の人間の中に存在していたからです。
例えば、夏目漱石。
彼も血を吐きながらも創作活動を続けました。
漱石の体調が悪化した時期に書かれた後期三部作『彼岸過迄』、『行人』、『こころ』は、どれも人間のエゴイズムや倫理観の葛藤が描かれた名作です。
もし未完に終わった『明暗』が完成していたなら、漱石はドストエフスキーを超えたといわれるほどの名声を得るに至りました。
この漱石の狂気じみた努力を支えたものとは、おそらく使命感のようなものではないのでしょうか。
そして、子規を突き動かしていたものも、漱石と同じく、使命感にあったと思います。

明治という時代は異質の価値観が日本に移入された時代でした。
開国以後、西欧の価値観が日本に入り込み、それが日本人に多大な影響を及ぼしました。
異質な存在に触れた日本人は、大きく揺れます。
西欧文学の影響を受け、文学の新たな形である小説を日本に持ち込むことで、近代日本文学を切り開いた坪内逍遥。
イギリスで個人主義と出会い、衝撃を受け、神経衰弱に陥る漱石。
このように、異質との接触で、日本は大きく変容しようとしていました。
そして、このような変容の時代というのは、方向性を模索する時期でもあります。
この時期の人々が、いかなる方向性を確立するかによって、その後の国の在り方が決まってしまうものです。
それゆえに、この時代の人々はどんなに苦しんででも、何かを残そうとした。
西欧に政治的にも文化的にも植民地化されないためにも、何かを創造しなければならないという使命感を持っていた。
だから漱石や子規はどれだけ苦しんででも、何かを創ろうとした。

子規は、捨て身で創作を続け、俳句における新たな方向性を後世に残しました。
子規の追いかけた坂の上の雲、それは高浜虚子や河東碧梧桐に受け継がれ、現代に至るまで偉大な作家の一人として数えられています。

こういった、子規の捨て身の生き様に強く魅かれるため、僕は子規が好きなのです。


坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
(1999/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


日曜ごろまでには今日受けたテストセンターの感想でも書いてみようと思います。
先に結論だけを述べると、下の本の問題をスピーディーに解けるようにしておけば何も心配いりません。

直前でもOK! [パソコン版SPI2] これが本当のテストセンターだ! 2011年度版直前でもOK! [パソコン版SPI2] これが本当のテストセンターだ! 2011年度版
(2009/06/02)
SPIノートの会

商品詳細を見る



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://myknee.blog97.fc2.com/tb.php/13-236e690c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。