影を蹴飛ばす
コメント大歓迎。リンクフリー。
プロフィール

Michio

Author:Michio
長身面長眼鏡。
常に笑顔は忘れない。



検索フォーム



FC2カウンター



Twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理論のココロ
一口に、理論を勉強する、といっても、それはいくつかの段階に分けることが出来そうだ。それを物語チックに説明してみる。

第一段階:表面的な学習
経営学を勉強しようと決めたミチオくん、ネットで経営学の本を調べてみた。どうやら経営学といえば、ポーターという人の本を読めば良いみたいだ。そこでミチオくんは早速Amazonでポーターの本を買ってみた。
ポーターの本を読んで、「結構ムズカシイぞ、学問してるってカンジだ」と早くも勘違いし始めたミチオくん。ファイブフォースモデル、バリューチェーン、聞きなれない横文字に段々憧れを持ち始めてきたようだ。

第二段階:理論の振りかざし
経営学の専門用語をちょっと覚えたミチオくん。試しに周りの人に語ってみた。「やっぱりー、ファイブフォースに基づいた分析っていうのがー、経営の肝だよねー」なんていう意味不明なことを語るミチオくん。周りの人は「やれやれ」といったカンジでミチオくんを見ている。

第三段階:壁
周りの人の反応がイマイチで、ちょっと不機嫌なミチオくん。論より証拠だと思って、聞きかじった理論を元に、実際に企業を分析してみた。ところが、だ。人の作ったモデルに情報を当てはめて、問題点をあぶりだすことはできる。けど、「じゃあどうすればよいのか」という解決策はミチオくんには全く思いつかなかった。考える力がないんだ、と思ってミチオくんはため息をついた。
「そっか、僕は、欠点の指摘しか出来ない、ただの評論家でしかなかったんだ」

ここまでのミチオくんをみていえることは、通り一遍の知識では何の意味もないということである。

表面的な学習だけでは、いざというときに勉強したことが出てこないし、理論を振りかざしているだけでは、何も意味あることを生み出すことは出来ない。第一段階や第二段階で止まってしまうと、結局、壁にぶつかってしまい、勉強したことが何も役に立たないで終わってしまうのである(もっとひどいのになると、そもそも壁にぶつかっていることにすら気付かない。いつまでも「ファイブフォースが経営の肝だよねー」などと語って終わる)。求められるのは、一歩踏み込むことだ。そして、それが第四段階の学習だ。

第四段階:理論のココロ
経営書を読み漁ったミチオくん。学者がどのような現象を見て、どのような問題意識を持ち、現象をどう一般化して理論をつくっていったのか、それを熱心に勉強していった。今までは理論をどう使うかばかり勉強していたが、壁にぶつかってからは、理論がどのような問題を解決するために作られたのか、その成り立ちまで勉強していった。片っ端から一つ一つの理論を深く深く勉強していくにつれて、名高い学者がどのような視点で物事を考えているのかを知ることが出来てきたため、ミチオくんは徐々に経営学的なセンスが高まっていく感覚が芽生えてきた。例えばニュースをみても、「あ、あれはあの理論で説明していたことと同じ現象だ」「あれ、これはどのモデルでも説明がつかないぞ。じゃあちょっと自分でモデルをつくってみよう」といったように、徐々に世界の見え方が変わってきたのであった。

第四段階では、ミチオくんの学習内容に大きな変化が起きているのが分かる。

既存の理論を学ぶとき、その理論がどういう問題意識を元に作られたのか、何を説明するために作られたのか、そういった理論成立の背景レベルからの学習までしなければ努力は徒労に終わる。ミチオくんが壁にぶち当たったのは、理論の内容を手っ取り早く勉強してちょっと偉くなった気がしたところで満足してしまったからだ。必要なのは、一歩踏み込むことだ。理論が作られていった背景まで考えていけば、偉大な学者がどのような視点で考えているのかを学べるため、自分が理論を作るときにも役に立ち、そういうことが未知の問題を解決する土壌を育てることにつながる。ここまでやって、はじめて本当に理論を知ったといえる。そうなると、世界の見え方もずいぶん変わってくる。理論のココロを知ることが、新しい世界を切り開いてくれるカギなのだ。

この物語はフィクションです。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://myknee.blog97.fc2.com/tb.php/164-4dcf5bde



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。