影を蹴飛ばす
コメント大歓迎。リンクフリー。
プロフィール

Michio

Author:Michio
長身面長眼鏡。
常に笑顔は忘れない。



検索フォーム



FC2カウンター



Twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久しぶりのヒット

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
(2010/11/24)
安宅和人

商品詳細を見る


最近読んだ本の中でもベスト。

脳神経科学の研究者であり、マッキンゼーを経て、今はヤフーのCOO室長である著者が書いた知的生産性に関する本だ。この手の本は中途半端なものが多いイメージがあったので、最近ではあまり読まなかった。ただ、タイトルが気になったので手にとってみたのだ。

パラパラみてみると、これがおもしろい。
イシューを見極め、仮説を立て、優れたアウトプットを出す手法が書かれているのだが、どれもなるほどと思えることばかり書いてある。
例えば、深い仮説を立てる定石として、

常識を否定する
「新しい構造」で説明する

の2つを挙げている。特に「新しい構造」で説明する、というのは自分の研究にも役立ちそうなことが書いてあるので興味津々に読めた(細かい話はもうちょっと読み込んでから書くことにする)。

ここ1年は研究を少しばかりやっていた関係で、今読むと「なるほど、これは使える」と思えることが他にもたくさんあるように感じることができる。例えば、自分の考えを人にどう伝えるか、そのストーリーラインの磨き方などのところは今の自分の身に沁みる。

こんなかんじで研究や日常に役立ちそうなことが、とにかく詰まっている。それでいて、類書に書いていない鋭いことも書いてある(よいイシューの3条件など)。研究者と実務の経験をしているだけあって、意見もあまり偏っていないのも良い(研究者の本だと研究向けの話ばかり、実務家の本だと独りよがりな意見が混じっていたり、ということがしばしばある)。

研究で得た(つもりの)スキルや思考力をこの本で総整理して、もう一段上に上がることを目指そうと思う。そうすれば、今の研究もよりよくできるし、これからのためにもなるので。

とにかく、これはとてもよい本です。絶賛、推薦。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://myknee.blog97.fc2.com/tb.php/171-55e0d92b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。