影を蹴飛ばす
コメント大歓迎。リンクフリー。
プロフィール

Michio

Author:Michio
長身面長眼鏡。
常に笑顔は忘れない。



検索フォーム



FC2カウンター



Twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1Q84到着
Amazonで予約していた1Q84 BOOK3が届きました。

BOOK1,BOOK2を読み終えたとき、まさかBOOK3が出るとは思いもしませんでしたが、
BOOK1,BOOK2という形で出版している時点で、続編の登場を匂わせていたのかもしれませんね。
もし2冊で完結させる予定なら、『海辺のカフカ』や『羊をめぐる冒険』みたいに上下巻という
出し方をするはず。
BOOK1,BOOK2という名称であった時点で、「この2冊では完結しないよ」というメッセージに気づくべきであったかもしれません。実際、『ねじまき鳥クロニクル』も第1部、第2部と出した後に第3部が出版されてますもんね。

ま、せっかくBOOK1,BOOK2を読んだのだから、BOOK3も読んでやることにしますかな。フフッ。


この本はなかなかの社会現象になっていますが、こういう社会現象なら大歓迎でしょう。
わけのわからん納豆ダイエットやキャベツダイエットが社会現象になるよりも、よっぽど健全。

でも、なぜここまで社会現象になったのだろう。
海外で大ヒットしているのは、別に1Q84に限った話ではありません。
昔からです。
村上春樹に関しては、海外での売上の方が大きく、海外でのヒットについてはいつものことなので、特に驚く理由は無い。
それ以上に不思議なのは、なぜ日本でここまで大ヒットしたのかということ。
日本でも売れるには売れていたけれども、ここまで売れたのは初めて。
なぜ?

メディアが煽っているというのも、少なからずはあるとは思う。
でも、それが主因とは思えない。
メディアが1Q84をこぞって取り上げたのは、この本が猛烈に売れた後のことだもの。
煽ったことで売れたと考えるなら、発売前から相当煽っていなければおかしい。
でも、実際、発売前から猛烈に煽っていたという印象はない。

ネットで調べてみると、新潮社のマーケティングの上手さ、というのがあった。
確かに、発売前は本の内容を一切教えず、ミステリアスでブラックボックスに包まれている感じを醸し出すという手法も、大ヒットにある程度作用しているとは思う。
でも、それにしては売れすぎ。
例えば、村上龍で同じ事をやったら、同じ結果になったかというと疑問。
そんなことで大ヒットが生まれるなら、出版社も作家も苦労しない。

じゃあ、主因は何なのか。
まず、1Q84が出版された時の背景から考えることにする。
ここ数年、ケータイ小説やネット小説が結構ヒットしていますよね。
そうしたことから、文学に注目が集まる、という現象が観察されていました。
例えば、古典新訳ブームもその一例。
ケータイ小説やネット小説を見た人の中に、「もっと深い小説を読みたい!」という人が現れ、そういう人たちがドストエフスキーやラディゲを読むようになった。
それも、読者の多くが若者。
ケータイやネットという意外な形で、小説を知り、それにハマり、文学青年が生まれるようになったのかな、なんて思っています。
実際、最近多いらしいですよ、文学新人賞に応募する若者が。
文学賞に応募する人のうち、10~20代の若者の割合が非常に増えているそうです。
それも、ケータイ小説やネット小説の普及と連動して。
ネットやケータイで小説を公表し、腕を磨いてから、応募する、というケースが多いみたい。

ただ、ここで注意しなければならないのは、若者全員が小説に凝り始めているわけではないということ。
若者の間で熱心な愛好家層が増加傾向にあるという意味で、若者全員が愛好家というわけではないということです。
つまり、二極化。

そうした背景があって、小説に注目が集まり始めた。
そんな折、現役作家でも最高峰に位置している村上春樹が新刊を出すことが世間に公表された。
彼は最近、ノーベル文学賞にノミネートされるなど、現役日本人作家の中で、最もノーベル賞に近い人として、なかなか注目が集まっていた。

以上のことを総括して考えると、
ケータイ小説を起点に、小説愛好家が増えていたこと(1Q84の読者には若者が多い)、新潮社のマーケティングが1Q84の注目度を高めたこと、村上春樹自身に注目が集まっていたこと、
これらの要素が複雑に絡まりあったため、今回のヒットが生まれたのではないだろうか。

仮説の積み重ねなので、かなりいい加減なところもありますが、実際こんな感じではないのでしょうかねぇ。
《追記》
BOOK3も売れまくってるそうです。
1Q84第3巻、一斉発売 若者が人気下支え
「1Q84」第3巻、初日に10万部増刷決定

1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上春樹

商品詳細を見る


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://myknee.blog97.fc2.com/tb.php/46-7e5334be



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。