影を蹴飛ばす
コメント大歓迎。リンクフリー。
プロフィール

Michio

Author:Michio
長身面長眼鏡。
常に笑顔は忘れない。



検索フォーム



FC2カウンター



Twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


尊敬する人の共通点にみる自己願望Part1
最近、気づいた。
尊敬する人には共通点があった。

斎藤道三
吉田松陰
勝海舟

どの人も、次代の礎となる思想を築いた人だ。

斎藤道三は、信長の楽市楽座の原型となる政治を行い、美濃を大いに繁栄せしめた。
司馬遼太郎によれば、道三は革新と伝統を重んじる人物であったそうだ。
そして、革新性の部分は織田信長に、伝統性の部分は明智光秀に、それぞれバラバラに引き継がれ、
結果的に両者が衝突する形になってしまったらしい。
つまり、信長と光秀の対立は、道三から引き継がれた革新と伝統の対立であったのだそうだ。
本当かどうかは別にして、仮にそうだと考えると、結構面白い。

吉田松陰は、水戸藩の誰かが唱えていた尊皇攘夷という思想を、彼なりにアレンジして体系化し、結果的に長州藩を変え、日本を変えた人物。
思想家という面では一流であったものの、行動家という面では三流であった。
何せ、欧米文化がどんなものかを知りたいからという理由で黒船に乗り込んで、自分をアメリカまで連れて行ってくれ、とお願いするような無茶を仕出かす人だから。そうして、結局追い返され、幕府に捕まってしまうという始末。挙句の果てに、自分は幕府重臣を暗殺しようとしているメンバーの一人だなどと、言わなくていいことまで素直に吐いてしまうような正直者。行動という面では、からっきしダメ。失敗ばかりしていたのであった。
しかし、彼の思想はその弟子たちに引き継がれ、その後は時代の狂気と言っても過言で無いほどの長州藩の大暴走につながっていった。
そういう意味で、明治維新の発端を作ったといえる人物だろう。

勝海舟は日本に海軍の思想を構築した人物。明治以後の日本海軍の原型を作ったといっていい。
もっとも、彼は思想を構築するだけに留まらず、実際に実行しているという点で吉田松陰とは違うけどね。勝についてはいずれ詳しく書きます(そういえば、だいぶ前にも同じセリフを言った気が・・・)。

いずれにしても、僕の尊敬する人物には思想家気質な人が多い。行動家としての側面よりも、思想家としての側面の方が強い人物たちであったのである。
これは、思想家になりたいという僕の無意識の願望の表れなのか?そうだと意識しないうちに、そういう願望を抱いているのだろうか?

次回へ続く。

コメント
みちおのそういう話は結構面白いから、
今後もよろしく。
[2010/05/01 16:20] URL | tree3 #- [ 編集 ]

ニーズ察知
[2010/05/01 21:48] URL | michio #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://myknee.blog97.fc2.com/tb.php/53-586ea04c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。