影を蹴飛ばす
コメント大歓迎。リンクフリー。
プロフィール

Michio

Author:Michio
長身面長眼鏡。
常に笑顔は忘れない。



検索フォーム



FC2カウンター



Twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「僕」という一人称
僕は普段、「僕」という一人称を使っています。
日本語には僕のほかに、俺、私、自分、おいらなど、
様々な一人称があります。
その中で、なぜ僕は「僕」と呼ぶのか。

そもそも、「僕」が一般的に使われ始めたのは幕末からだと
言われています。
幕末期、諸外国と対等な立場に立つためには
近代化を進める必要がありました。
そのため、諸外国の技術を学ぶ意欲に溢れる人々が
数多く現れました。
そんな中、当時の一般的な一人称は「拙者」であり、
それではいかにも古臭い。
そこで吉田松陰は『漢書』から「僕」という言葉を見つけ、
その言葉の響きが「拙者」に比べると、先進的であったため、
「僕」を使い始めました。
そして、それを見ていた松下村塾の弟子たちが真似をして
「僕」を使い始め、徐々に「僕」ユーザーが増えていき、
この一人称が一般的に広まるようになった、というのが
「僕」誕生の経緯です。

敬愛する吉田松陰が「僕」誕生のきっかけを作ったとなれば、
僕が「僕」を使わない理由はありませんよね。
そんなわけで、それまではなぜか照れくさくて、
あまり自分のことを一人称で呼ばなかった僕は
数年前から自分のことを、「僕」と呼ぶようになりました。

コメント
No title
おいらも良いよね。
[2010/02/15 15:31] URL | shotaro #d3xRQPUk [ 編集 ]

No title
おいらもいいけど、ちょっと照れくさい。
[2010/02/15 22:04] URL | My knee #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://myknee.blog97.fc2.com/tb.php/6-b813d0d2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。