影を蹴飛ばす
コメント大歓迎。リンクフリー。
プロフィール

Michio

Author:Michio
長身面長眼鏡。
常に笑顔は忘れない。



検索フォーム



FC2カウンター



Twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


下諏訪、伝統と信仰の街
下諏訪にいます。
下諏訪駅。
201006041750000.jpg


目的は、日本電産サンキョー。
ここで説明会に参加するがてら、インタビューのお願いをするための下地作りをしてきました。

201006041750001.jpg


そういうことは広報部の担当なので、僕が広報部に連絡をすれば、いつでも協力にのってもらえるようお願いしておく、とのこと。夏でも秋でも、いつでも連絡をしてきて、と言ってくれたことは嬉しい。
サンキョーさん、ありがとうございます。
サンキョーは日本電産の中でも最大規模の子会社なので、ここを押さえておけたことは良かった。
将来のインタビューに備えて、しっかり準備をしておかなければ。

さて、そういうわけで下諏訪にいるのですが、下諏訪なんて滅多に来ない観光地なので、ここのビジネスホテルで一泊することにしました。
ホテルの部屋は、値段の割に広く、ネット設備も充実。快適です。部屋が間違ってたりしないよな?
何よりも良いのが、やたらと立派なベッド。この料金でこんな快適なベッドを享受してもいいものなのか、なんて考えながら熟睡してしまいました。良いベッドだと、眠りの質が違うような気がします。自宅の布団とは大違い。

唯一残念なのは、禁煙室なのに部屋がヤニ臭い。もともと喫煙室だったのか?
でも、部屋の快適さがそんなものを打ち消してくれるので、キニシナーイ。

下諏訪といえば、諏訪湖。
諏訪湖といえば、諏訪大社。
諏訪大社といえば由布姫。
由布姫といえば武田信玄。
武田信玄といえば風林火山。

ということで、『風林火山』を読みながら諏訪の街を堪能しています。こういうこと、たまにやるのですが、はっきりいって、最高です。心が満たされます。昔、『龍馬がゆく』を読みながら長崎の街を歩いたときと同じ感じです。

風林火山 (新潮文庫)風林火山 (新潮文庫)
(2005/11/16)
井上 靖

商品詳細を見る



そんな感じで、明日は諏訪大社で『風林火山』の続きを読もうと思います。

一人でレトロな街を歩く、この孤独感、最高です。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://myknee.blog97.fc2.com/tb.php/82-b87ccc98



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。